お年玉にまつわる話

TOP お年玉の平均金額 お年玉貧乏になった俺の体験談


お年玉にまつわる話を紹介していきます。

 お年玉の平均金額

お年玉は毎年親戚が集まって渡すことも多い、年始行事の一つです。

4人兄弟の末っ子、まだ独身の私にはお正月はとてつもなく憂鬱な日です。

なんといっても、7人の甥っ子姪っ子にお年玉を渡さなくてはいけないのですから・・・。

そんな時は、自分が 女性が即日キャッシングするための条件にあてはまるかどうか、
12月中旬くらいからチェックしはじめます。

ただでさえ師走は物入りで、交際費がかさみます。

だからといって、お年玉をあげられないとなると惨めですからね。

年齢に対して多すぎる少なすぎるという感覚も人それぞれですし、
また自分と相手の関係性により金額に差が出てしまったりすることもあります。

入学祝を兼ねてあげる場合などもあるでしょう。

そこを引っくるめて大体平均を決めるのが難しいところです。

ではお年玉の年齢別相場はいったいいくらくらいなのでしょうか。

0歳-5歳は、相手からもらっている場合などはお返しという形でお年玉をあげるのが礼儀です。

金額はおおよそ1000円が相場で、
現金以外で図書カードなどの形にしてあげるという手もあります。

6歳-12歳(小学生)は、おおよそ低学年・高学年で平均が分かれています。

4年生までは多くて3000円、高学年は3000円-5000円が相場となっています。

年齢別で中学生ともなると、お年玉の相場もぐっと上がります。

平均5000円ですが幅は広く、3000円-10000円の間で、
相手との関係性によりその相場が動くようです。

さらに高校生となると、5000円-10000円という相場がおおよそ固まってきます。
おおよそ学生である間はお年玉をあげるというのが平均です。

気を付けたいのが、お年玉と一緒に渡すその他の御祝金です。

出産祝や入園祝、入学卒業祝はお年玉とは別封にするのはもちろんのこと、
年に数回しか会う機会がない場合はぜひ一緒に渡しておきたいものです。


Copyright (C) 2015 お年玉にまつわる話 All Rights Reserved.