お年玉にまつわる話

TOP お年玉の平均金額 お年玉貧乏になった俺の体験談


お年玉にまつわる話を紹介していきます。

 お年玉という風習


お年玉

お年玉は、お正月に新年を祝うために、目上の者が目下者に 贈答される品物のことです。

現在は、親や祖父母、親戚など大人から子どもへお金をあげるのが 一般的になっています。

このような風習はいつからあったのでしょうか。

新しい年のありがたい賜物であるとして「年玉」というようになったという説があります。
また、神棚に供えた餅玉を与えたことから「年玉」の名前がついたという説が有効のようです。

「たま」は「たましい」のことで、
「年玉」は、神様への供え物の 下げられたものであると考えられます。

昔は、お正月が来るたびに歳を1つ加える「数え年」という数え方が使われていたため、
新しい年を迎えると、歳をひとつ重ねることになり、
この時のお供えものとして お餅をお供えして、
それを分け合って食べるようになったのが お年玉の始まりとされています。

このような歴史から、お正月の風習となったお年玉、 親には、ちょっぴり痛い出費ですが、
子どもにとっては、 とても嬉しい楽しみな風習です。

ここでひとつ気になるのは、お年玉の相場です。

たくさんあげれば良いというものではなく、年相応の金額を贈ること、
また、その中から貯金や必要なものを買ったり、
お金を大事に使う習慣を 子供につけさせることも重要です。



 おすすめのサイト



Copyright (C) 2015 お年玉にまつわる話 All Rights Reserved.